フロッグ社 代表のどうでも良い感じのBlog

グラフィックデザイン&Webサイト制作のフロッグ・クリエイト代表のブログです。

*

令和元年、心機一転

   

今更感が半端ないですが、新年号「令和」になって数ヶ月。

私の法人の決算も終わりました、新しい期が始まりました。(気付けば創業10年目です)

前期の決算内容はダメすぎる結果でしたが、悔やんでも仕方ありません。

時は前にしか進まないし、私たちも前進するしかないのです。

とは言え、何も考えずに「前進しよう! 前進あるのみ!」など言っても仕方ない。

なにをどうするのか、どこに向かい、何を目指すのか。

そういったことをきちんと計画し、ゴールに向けて必要なことを洗い出し、最適と思われる選択をしなくてはなりません。

そう、まずはゴールを設定することが重要なのです。

とりあえず、私は「ジェイソン・ステイサム」を目指したい。

取り急ぎ、今朝、スキンヘッドに近い1mmの坊主にしてきました。

頭がスースーして気持ちいいな〜、と思っていたのに、床屋を一歩出ると、外は灼熱なのである。

そう、今日の東京は久しぶりに暑かったのである。

私の頭は焼けるように熱くなったのである。

「ひ、日差しがあつーい!」

泣きそうになりながら、葛西駅へ小走りする。

日差しに焼かれた私の頭の中では、少年時代の記憶が甦るのである。

今から30数年前、小学生低学年の頃の私は坊主頭がスタンダードでした。

兄も私も、親にバリカンでばりばりと頭を刈られる日々。

あの独特の機械音と、ひんやりと冷たいバリカンの刃が、頭の表面を縦横無尽に駆け巡るあの感覚。

毛を刈られる羊のようにブルブルと震えながら、バリカン作業が終わるのをじっと待っていたあの時間。

当時は、バリカンが嫌で嫌で仕方なかったのに、令和になった今、「ジェイソン・ステイサム」を目指すにはバリカンは避けて通れません。

私も大人になって、ハートが強くなったのかしら。

なんて思いながら、電車の窓に映った私の姿を見ると、そこには「ジェイソン・ステイサム」は映っておらず、お坊さん風のおじさんが佇んでいるだけなのである。

次は筋トレをしなくては。

 - どうでも良い感じのお話